Archive List for 家族葬コラム

板橋区のおすすめ葬儀社3|家族葬研究コラム

家族葬コラム

このページでは引き続き板橋区のおすすめ葬儀社をご紹介します. 坂本メモリアルプロデュース 坂本メモリアルプロデュースは、社葬、家族葬、一般葬、自宅葬、火葬式、音楽葬、無宗教葬など多種多様なお葬式に対応している葬儀社です。葬儀にかかるお金は地域や風習、参列する人の数、そして内容よって非常に複雑になります。坂本メモリアルプロデュースでは、葬儀に必要なものを一つ一つ丁寧に説明して、お客様が納得するまできちんと説明していくことを大事にしています。また坂本メモリアルプロデュースには、厚生労働省認定が審査する葬祭ディレクターが複数在籍しています。お葬式に関する疑問があれば葬祭ディレクターがきちんと一つ一つご説明させていただきます。 事業所名:坂本メモリアルプロデュース(さかもとめもりあるぷろでゅーす) 郵便番号:〒175-0094 住所:東京都板橋区成増3-16-10 公式プラン1:家族葬40万プラン ¥400,000(税別) 公式プラン2:家族葬60万プラン ¥600,000(税別) 対応可能宗旨宗派:日蓮宗・真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・天台宗・臨済宗・法華宗・黄檗宗・融通念仏宗・真宗高田派・真宗大谷派・神道・キリスト教・創価学会 板橋の家族葬でよくある質問 どこの葬儀社にすればいいのかわかりません 葬儀社を決めるのに一番いい方法は、候補の葬儀社の葬儀内容を事前に調べて、最適なプランを提案してくれる葬儀社を事前に決めておくことです。事前に準備をすることはなんら不謹慎なことでないです。事前に準備しておくことで心おきなく故人様とのお別れができます。つまり、のちのち後悔しないためにも事前の準備が必要です。事前相談したからといって、その葬儀社に決める必要はありません。事前相談の際に、追加費用が発生しないように希望をきちんと伝えて、見積りを確認することが非常に重要です。その見積もりを元に最適な葬儀社を決めてください。 死亡が確認されたのち、どこになにを連絡すればいいですか? ご臨終が確認されると、まず死亡診断書を病院などで受け取ります。死亡診断書を役所に届けることで火葬許可書を受取ることができます。死後24時間は火葬ができないと法律に定められているために、一旦ご遺体を安置所などへ移動する必要があります。安置後に葬儀を行う式場や火葬場を予約します。これが葬儀をするための一般的な手続きの流れですが、これらは通常は葬儀社が代行してくれます。 つまり、死亡が確認されたあとはお葬式を依頼する葬儀社に連絡をすれば、基本的にはすべて葬儀社が対応してくれます。 病院から連絡をすれば、病院へのお迎え、ご遺体の安置、そしてその後、お葬式の内容決定の打ち合わせを行います。事前相談で葬儀プランを決定していれば、この打ち合わせも確認だけで済みますので、事前相談をしていれば臨終後の流れがよりスムーズになります。

板橋区のおすすめ葬儀社2|家族葬研究コラム

家族葬コラム

このページでは引き続き板橋区のおすすめ葬儀社をご紹介します. 京花 株式会社京花は、板橋に創業して55年の歴史ある老舗の葬儀社です。地域密着を目指した葬儀社として、誠心誠意お客様のご信頼にお答えすることを経営理念として、これまで板橋区の皆様からたくさんのご支持をいただいています。京花では、お葬式を通して多くの方々とのつながりや信頼を大切にしてきました。24時間365日お客様のお困りごとにはお答えできるように精一杯お手伝いさせていただきます。 京花では1日1組のお葬式を基本にしています。その上、故人様の人生の最期の儀式として、趣味の作品を展示するメモリアルコーナー作るなど、さまざまな演出を実演して好評いただいています。事前に要望を相談をしていただくことで、ご要望を最大限に叶えるお葬式ができます。 京花では365日24時間、いつでも電話もしくは直接でのご相談、事前見積に何度でもご対応させていただいています。事前相談、事前見積をしてもご契約はご自由です。お客様が後々後悔しないお葬式をするためのお手伝いをさせていただきたいと強く考えています。 事業所名:京花(きょうはな) 郵便番号:〒173-0026 住所:東京都板橋区中丸町28-3 公式プラン1:一日葬スタンダード ¥356,400(税別) 公式プラン2:家族葬スタンダード ¥378,000(税別) 対応可能宗旨宗派:日蓮宗・真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・天台宗・臨済宗・法華宗・黄檗宗・融通念仏宗・真宗高田派・真宗大谷派・神道・キリスト教・創価学会 大白社 創業昭和61年、板橋で30年以上の歴史がある大白社(だいびゃくしゃ)は、地域密着型の葬儀社です。特に板橋区にある舟渡斎場や戸田葬祭場で、多くの葬儀実績がある葬儀社です。舟渡斎場は板橋区が指定する斎場で、故人または喪主様が板橋区民の場合は、斎場利用料金が安いので、費用を抑えた葬儀をすることができます。しかし舟渡斎場は大きな式場はないため、約50名ほどの葬儀しか出来ない点は気を付けなければなりません。戸田葬祭場は斎場自体が大きく、50名様以上の葬儀に対応する事かできます。戸田葬祭場は火葬場と式場が同じ敷地内にあり、通常通夜・告別式のあと、火葬場に移動するために霊柩車やマイクロバスの費用が発生しますが、戸田葬祭場の場合、同じ敷地内にあるため霊柩車やマイクロバスの必要がありませんので、費用を抑えてお葬式をする事ができます。 舟渡斎場、戸田葬祭場についてわからないことがございましたら大白社へお気軽にお申しつけください。 大白社のおすすめはオリジナル会葬礼状です。故人様の思い出のエピソードや人柄をご家族の方々から伺い、それらを元に、社内の令状作成のプロが、故人様がお世話になった方々へ感謝の想いが伝わるオリジナル会葬礼状を作成いたします。また令状作成の経験豊富なスタッフがいますので、電話で5分程度のヒアリングで、ご家族様のご負担を極力に抑えることができます。 事業所名:大白社(だいびゃくしゃ) 郵便番号:〒174-0056 住所:東京都板橋区志村2-11-3 公式プラン1:一日葬シンプルプラン38 ¥380,000(税別) 公式プラン2:家族葬シンプルプラン55 ¥550,000(税別) 対応可能宗旨宗派:日蓮宗・真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・天台宗・臨済宗・法華宗・黄檗宗・融通念仏宗・真宗高田派・真宗大谷派・神道・キリスト教・創価学会

板橋区のおすすめ葬儀社|家族葬研究コラム

家族葬コラム

このページでは板橋区のおすすめ葬儀社をご紹介します. 宇野葬儀 宇野葬儀は板橋区で、創業50年のある歴史ある葬儀社です。返礼品を地元の名産品から利用している、地元との関わり合いを重視する葬儀社です。 そのうえ、板橋区から板橋区民葬取扱店に認定された実績ある葬儀社です。50年以上低価格で高品質な葬儀をお客様にご提供し続けた結果、多くの板橋区民の皆様がらご依頼いただけている地域密着企業です。 宇野葬儀のおすすめポイントの一つに祭壇があります。祭壇は白木を使った白木祭壇で、彫り物(彫刻)の祭壇を使用しています。彫手が少なくなった現在では、彫刻祭壇は希少価値の高い祭壇です。宇野葬儀では、50年の業界実績と経験を活かし、この希少な彫刻祭壇を利用する事ができています。 参列していただいた方たちにもご満足していただくため、宇野葬儀では料理や香典返しにも強いこだわりがあります。料理は防腐剤・添加物等を最小限に抑え、素材の味を美味しくいただける料理を提供させていただいています。香典返しについても、多くの方に喜んで頂けるように高品質なものであることは当然として、地元の名産品などを取り扱うなど地域貢献も目指しています。 事業所名:宇野葬儀 板橋店 郵便番号:〒173-0032 住所:東京都板橋区大谷口上町70-12 公式プラン1:家族葬プラン ¥285,000(税別) 公式プラン2:一般葬プラン ¥380,000(税別) 対応可能宗旨宗派:日蓮宗・真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・天台宗・臨済宗・法華宗・黄檗宗・融通念仏宗・真宗高田派・真宗大谷派・神道・キリスト教・創価学会 えにし えにしという社名は、人と人のつながり、ご縁に感謝し、そして大切にしたいという考えからつけられたものです。えにしの葬祭ディレクターは、お客様の大切な方との最期のお別れをお手伝いをします。喪主様との打ち合わせの中で、故人様の人生を振り返り、その大切な方との最期のお別れを後悔することなく過ごすために私たちは全力で支えさせていただきます。お困りごと、不安なことは何でもえにしの葬祭ディレクターにご相談ください。 葬儀のえにしでは、ご葬儀の規模に合わせた基本プランを複数ご用意させていただいています。基本プランをベースにして、お客様のご希望にあわせた最適な提案をさせていただきます。 また、基本プラン以外にも多くのプランをご用意しています。ご相談はお電話、メール、ご郵送でのお見積もりのご提示や、ご希望の場所、お時間に訪問しての対面相談など、お客様のご都合に合わせてご対応させていただきます。もちろん、葬儀の事前相談は無料です。相談だけでもまったく問題ありませんので、お気軽にご相談ください。 事業所名:えにし 郵便番号:〒175-0083 住所:東京都板橋区徳丸1-20-18 公式プラン1:家族葬ECOプラン  ¥300,000(税別) 公式プラン2:家族葬ECOプラス ¥400,000(税別) 対応可能宗旨宗派:日蓮宗・真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・天台宗・臨済宗・法華宗・黄檗宗・融通念仏宗・真宗高田派・真宗大谷派・神道・キリスト教・創価学会

家族葬の種類|家族葬研究コラム

家族葬コラム

一言で家族葬と言っても様々な種類があります。それは家族葬がメディアによって作られた言葉であり、正式な定義がないからです。そして家族葬の種類は、実際にお葬式を執り行ってくれる葬儀社によって様々な種類を準備しています。 このページでは家族葬の種類について調べてみたいと思います。 家族葬の種類 一般的に家族葬と呼ばれる形式には3種の種類があります。ここではそれらについて調べてみます。 家族葬 一般的に家族葬と呼ばれる形式のお葬式は、家族葬に対比する言葉として定義されている、一般葬と比べての執り行うことはほとんど変わりません。一般葬と異なる点は、参列する人が少ないという点だけです。通夜・葬儀で行うことはほとんど変わらない形式が家族葬です。 一般的な流れとしては、臨終の確認ののち、自宅もしは葬儀をする場所でご遺体を安置する。通夜・葬儀の打ち合わせを葬儀社とする。通夜を執り行う。翌日、葬儀・告別式を執り行う。出棺して火葬する。この一連の流れをごく身近な親しい人たちだけで執り行うお葬式を家族葬といいます。 一日葬 この家族葬に対して、通夜を行わない形式のお葬式を一日葬といいます。参列する人は家族葬と同様にごく身近な人だけですが、通夜を行わないので実質1日のお葬式になります。一般的な流れとしては臨終の確認ののち、自宅もしは葬儀をする場所でご遺体を安置する。葬儀の打ち合わせを葬儀社とする。安置場所で一夜を過ごす。翌日、葬儀・告別式を執り行う。出棺して火葬する。この形式の家族葬を一日葬と呼びます。時間を短縮できること、費用を抑えることができることがメリットと考えられています。 火葬式 家族葬、一日葬に対して、最後の形式が火葬式です。火葬式とは簡単に説明すると、通夜・葬儀を行わずに火葬のみを行う形式の家族葬です。臨終確認後、火葬ができる日(最短で死亡確認後24時間後)まで、自宅もしくは葬儀会館でご遺体を安置して、出棺して火葬のみを行う形式のお葬式です。通夜・葬儀を行わないことで費用を抑えることができるのが最大のメリットです。葬儀社により呼び名は異なりますが、一般的には直葬とも呼ばれ、今後この形式の家族葬が増えることが予想されています。 家族葬の種類まとめ このように一概に家族葬の中でも執り行う内容にとって種類が多様化していますし、今後さらに多様化することも考えられます。 メディアで多く取り上げられている家族葬ですが、故人様のことを考えてどのような形式で行うのかをきちんと事前に考えることが今後さらに重要となってくると思います。

To the top