一言で家族葬と言っても様々な種類があります。それは家族葬がメディアによって作られた言葉であり、正式な定義がないからです。そして家族葬の種類は、実際にお葬式を執り行ってくれる葬儀社によって様々な種類を準備しています。
このページでは家族葬の種類について調べてみたいと思います。

家族葬の種類

一般的に家族葬と呼ばれる形式には3種の種類があります。ここではそれらについて調べてみます。

家族葬

一般的に家族葬と呼ばれる形式のお葬式は、家族葬に対比する言葉として定義されている、一般葬と比べての執り行うことはほとんど変わりません。一般葬と異なる点は、参列する人が少ないという点だけです。通夜・葬儀で行うことはほとんど変わらない形式が家族葬です。
一般的な流れとしては、臨終の確認ののち、自宅もしは葬儀をする場所でご遺体を安置する。通夜・葬儀の打ち合わせを葬儀社とする。通夜を執り行う。翌日、葬儀・告別式を執り行う。出棺して火葬する。この一連の流れをごく身近な親しい人たちだけで執り行うお葬式を家族葬といいます。

一日葬

この家族葬に対して、通夜を行わない形式のお葬式を一日葬といいます。参列する人は家族葬と同様にごく身近な人だけですが、通夜を行わないので実質1日のお葬式になります。一般的な流れとしては臨終の確認ののち、自宅もしは葬儀をする場所でご遺体を安置する。葬儀の打ち合わせを葬儀社とする。安置場所で一夜を過ごす。翌日、葬儀・告別式を執り行う。出棺して火葬する。この形式の家族葬を一日葬と呼びます。時間を短縮できること、費用を抑えることができることがメリットと考えられています。

火葬式

家族葬、一日葬に対して、最後の形式が火葬式です。火葬式とは簡単に説明すると、通夜・葬儀を行わずに火葬のみを行う形式の家族葬です。臨終確認後、火葬ができる日(最短で死亡確認後24時間後)まで、自宅もしくは葬儀会館でご遺体を安置して、出棺して火葬のみを行う形式のお葬式です。通夜・葬儀を行わないことで費用を抑えることができるのが最大のメリットです。葬儀社により呼び名は異なりますが、一般的には直葬とも呼ばれ、今後この形式の家族葬が増えることが予想されています。

家族葬の種類まとめ

このように一概に家族葬の中でも執り行う内容にとって種類が多様化していますし、今後さらに多様化することも考えられます。
メディアで多く取り上げられている家族葬ですが、故人様のことを考えてどのような形式で行うのかをきちんと事前に考えることが今後さらに重要となってくると思います。